1. ホーム
  2. 施術の特徴やメリット

施術の特徴やメリット

背中

プチ整形やしわ取り

ボトックス注射は切らないプチ整形やしわ取り(アンチエイジング)などに使われていて、世界中で普及している人気の美容医療です。ボトックス注射の特徴は、一時的に神経に働きかけて、神経伝達物質をブロックするところです。それによって、神経から筋肉に命令が行かなくなり、筋肉が固まって動かなくなります。眼科で斜視を治す注射として編み出されたのが最初で、ほとんど副作用がなく、そして高い効果があるのが魅力です。切らないプチ整形の分野では、エラをなくす小顔ボトックスや、ふくらはぎを細くするふくらはぎボトックスなどに使われています。小顔ボトックスは、エラが張っている部分に注射をして、フェイスラインをすっきりと整えるプチ整形です。注射を打つだけですが、手術をしてエラ骨をドリルで削ったのと同じくらい劇的な小顔効果があります。ふくらはぎボトックスは、注射を打ってふくらはぎの筋肉を収縮させ、脚やせを目指すプチ整形です。足を細くする美容整形といえば脂肪吸引が一般的です。脂肪吸引の場合は劇的な痩身効果がありますが、本格的にメスを使って行う手術なのでダウンタイム、後遺症や皮膚のたるみなどのリスクがあります。しかし、ふくらはぎボトックスならダウンタイムも副作用も後遺症もなく、リスクなしで安心です。覚悟を決めて脂肪吸引手術しなくても、すぐに足のコンプレックスがなくなります。最近はシワ取り注射としてボトックスを利用する人が増えています。しわができるのは、表情筋の動きや脂肪組織のたるみ、真皮層の柔軟物質の不足などが原因です。このうちで、表情筋の働きで作られるしわを予防するのに効果的です。しわができやすい額や眉間、目尻などに注射を打つことで、表情筋が一時的に硬直して麻痺した状態になります。その結果その部分のみしわがよらなくなり、見た目の若返りができます。切開を伴う手術はデリケートな目尻のしわ改善はとても難しいですが、ボトックス注射なら簡単です。もちろんノーダウンタイムで副作用のリスクがなく、会社の帰りなど時間があるときに日帰りで出来ます。副作用はないといっても、注射をしたあとは激しい運動は控え、安静にして過ごす必要があります。患部を強くこすらないほうがよいので、施術当日はクレンジングを伴う濃いめのメイクは避けるのが賢明な判断です。施術当日から洗顔やシャワーができますが、長風呂や半身浴など血行が良くなる行為は腫れが引きにくくなるので注意が必要です。内出血やポツンとした赤い注射跡は、大抵施術した翌日か2日後には消えてなくなります。ボトックス注射は、美容医療を提供している美容外科や美容皮膚科などの一部医療機関で出来ます。施術料金は自費診療なので幅広く、注射器一本あたり1万円から5万円が相場です。しわ一本あたりなら5千円程度でできる医療機関もあります。効果のピークは3カ月から6カ月程度なので、切れてもとに戻り出したら再び注射をするのがおすすめです。注射を何回か定期的にしていれば、そのうち筋肉が慣れてきて効果が前よりも長く持つようになるというデータもあります。